Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド活用の家庭向け無償セキュリティ対策ソフトが正式版に

Panda Securityは、5月よりベータ版として提供していた無償セキュリティ対策サービス「Panda Cloud Antivirus」を正式版へ移行した。

同サービスは、コンシューマー向けにウイルスやスパイウェア対策を提供する無料セキュリティ対策サービス。クラウド技術によりユーザーからマルウェア情報を収集、ローカル環境で定義ファイルを利用せず、ローカル上の複数検出技術とネットワーク経由によるスキャンニングでマルウェアに対抗する。

コンシューマー向けに5月よりベータ版として提供し、試験運用を進めてきたが、今回6カ月が経過したことから正式版へ移行した。

また正式版のリリースにあわせ、インタフェースの改善や、CPUやメモリ消費の低減、リアルタイムのマルウェア情報を収集など機能を強化している。現在、11カ国語に対応しているが日本語は未対応で、今後対応する予定。

(Security NEXT - 2009/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
産業用ドローンにセキュリティガイド - リスクや業務運用の注意点など解説
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
セキュリティ対策状況を統計情報と比較できるサービス - NRIセキュア