Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、月例セキュリティ更新プログラム6件を公開

マイクロソフトは、11月の月例セキュリティ更新プログラム6件を公開した。今回のプログラムであわせて15件の脆弱性を解消したという。

深刻度がもっとも高い「緊急」とされるプログラムは3件。それぞれ「Web Services on Devices API」「ライセンスログサーバー」「Windowsカーネルモードドライバー」の不具合を解消する。いずれも脆弱性を攻撃された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

のこり3件の深刻度は「重要」。細工が施されたファイルを開いた際にリモートでコードが実行される「Excel」や「Word」の脆弱性に対応したほか、サービス拒否が発生する「Active Directory」の問題へ対応した。

今回、6件のプログラムで15件の脆弱性へ対応しているが、そのなかでも「Windowsカーネルモードドライバー」には、30日以内に安定したコードが登場する可能性がある脆弱性が2件含まれる。

また「Excel」の更新プログラムは、深刻度が「重要」ではあるものの、安定した悪用コードが発生するおそれがある3件をはじめ、8件の脆弱性に対応した。

2009年11月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-nov.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ修正は含まず
MS、月例パッチで脆弱性64件を解消 - 2件はゼロデイ攻撃を確認済み
「Windows 7」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃で積極的な悪用
MSが新元号対応を説明、API連携などにも注意喚起 - 危険な実装例も
「Windows 7」のライブラリに不正ファイル読込問題 - 修正予定なし
MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
Marvell製チップに脆弱性 - Wi-Fi経由でコード実行や盗聴のおそれ
MSの「Skype」サーバや「TFS」に脆弱性 - 定例外で修正