Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、月例セキュリティ更新プログラム6件を公開

マイクロソフトは、11月の月例セキュリティ更新プログラム6件を公開した。今回のプログラムであわせて15件の脆弱性を解消したという。

深刻度がもっとも高い「緊急」とされるプログラムは3件。それぞれ「Web Services on Devices API」「ライセンスログサーバー」「Windowsカーネルモードドライバー」の不具合を解消する。いずれも脆弱性を攻撃された場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

のこり3件の深刻度は「重要」。細工が施されたファイルを開いた際にリモートでコードが実行される「Excel」や「Word」の脆弱性に対応したほか、サービス拒否が発生する「Active Directory」の問題へ対応した。

今回、6件のプログラムで15件の脆弱性へ対応しているが、そのなかでも「Windowsカーネルモードドライバー」には、30日以内に安定したコードが登場する可能性がある脆弱性が2件含まれる。

また「Excel」の更新プログラムは、深刻度が「重要」ではあるものの、安定した悪用コードが発生するおそれがある3件をはじめ、8件の脆弱性に対応した。

2009年11月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms09-nov.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2009/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
11月修正の「MS Office」脆弱性、攻撃受けるリスクが上昇
MS、11月の定例パッチで53件の脆弱性を解消 - 一部脆弱性は公開済み
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
Windows、10月パッチで「KRACK」対応済み - MS「悪用可能性低い」
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正