Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

転職や異動時に「機密情報持ち出したい」が約3割 - トレンドマイクロ調査

社会人の約6割が、転職や異動の際にそれまで扱っていた業務情報を持ち出したいと考えていることがわかった。

トレンドマイクロは、業務情報の取り扱いに関する意識調査を実施し、結果を取りまとめたもの。同調査は、企業や自治体に勤務している国内在住の社会人1030人を対象に実施した。

調査結果によれば、転職や異動の際にそれまで扱っていた業務情報を持ち出したいと回答した社会人は58%だった。持ち出したい情報は、「自分で作成した仕様書や設計書、提案書など」が38.5%でトップ。次いで「取引先や顧客の名刺」28.8%、「上司や同僚の連絡先情報」22.7%、「メールのバックアップデータ」22.5%だった。

また、個人情報や業務情報で持ち出しが禁止されている機密情報について、「次の職場で有用な情報に限定して持ち出したい」との回答が21.3%で、「扱っていた情報はすべて持ち出したい」の8.4%をあわせると約3割が無断で機密情報を持ち出したいと考えていることがわかった。

091111tm1.jpg
約3割が機密情報の持ち出しを考えている。(図:トレンドマイクロ)

個人情報やそれ以外の機密情報について、外部に漏洩しないよう組織内でしっかり守られていると答えたのは3割。機密情報を無断で持ち出した場合、53.6%が通報や事件として発覚しなければ調査を受けないとし、32.1%が「持ち出した個人の特定はできないと思う」と回答した。即座に特定が行えると考えている従業員は14.2%とわずかだった。

091111tm2.jpg
即座に特定が行えると考えている従業員は14.2%とわずか。(図:トレンドマイクロ)

(Security NEXT - 2009/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
約9割が個人情報の無断利用を経験 - 総務省調査
内部不正経験者の42%は「故意」 - 多忙や組織への不満が不正を誘発
9月のネット炎上は91件 - 自治体職員の個人情報持ち出しでも
マイナンバー向けセキュリティ対策、約4割は情報収集段階
個人情報漏洩事故が4割減 - 想定賠償額は上昇し1億円超に
従業員300人未満の企業、情報漏洩対策への投資は5割以下
機密情報漏洩経験するも3割超は対策実施せず - ノウハウや資金不足で