Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教諭が個人情報を地下鉄ホームのベンチに置き忘れて紛失 - 大阪市

大阪市の小学校教諭が、児童の個人情報含むUSBメモリを地下鉄のホームに置き忘れ、そのまま紛失していたことがわかった。

同市立喜連東小学校の教諭が11月5日、自宅で作業をするためにデータを保存したUSBメモリを無許可で持ち帰り、翌6日の出勤時に大阪市営地下鉄谷町線天王寺駅ホームのベンチで、筆入れごと置き忘れて紛失したもの。

所在が不明になっているUSBメモリには、児童63人分の氏名および成績情報のほか、学級だよりの作成データとして児童の作文や学習活動の写真などが保存されていた。

教諭は次の駅で紛失に気付き、引き返して捜索したが発見できず、駅や警察に紛失を届けた。同校では今回の紛失を受け、対象となる児童の家庭を訪問し、説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再委託先が個人情報含む図面などを一時紛失 - 横須賀市
個人情報含む国庫補助申請の関連書類を紛失 - 美咲町
都営住宅申込者の個人情報含むDVD2枚を紛失、委託先で - 東京都
健診データ含むUSBメモリが所在不明 - うつのみや病院
個人情報含むPCを都内で紛失 - 講談社
婦人靴売り場で顧客情報含む帳票を紛失 - 高崎タカシマヤ
子育て支援事業の参加者名簿を紛失 - 藤沢市
個人情報1.8万件含むHDDが2018年末より所在不明 - 豊見城市
3店舗で顧客情報約2.4万件を紛失 - 福井信金
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県