Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェイルブレイク「iPhone」に感染する初ワーム - F-secureが発見

F-secureは、Appleの人気端末「iPhone」を対象としたワーム「ikee」を発見したことを明らかにした。

同社研究機関のmikko hypponen氏がブログで伝えたもの。問題のワームは、ユーザーがiPhoneの制限を非公式に解除した「ジェイルブレイク」や「脱獄」と呼ばれる状態で、ルートのログインパスワードは変更していない端末に感染する。

ワームへ感染するとiPhoneの壁紙が、歌手のリックアストリーさんの写真になり、「ikeeは決してあなたを諦めない」というメッセージが表示される。ワームは、IPを検索して感染先のiPhoneを探しだして感染を広げる機能を持ち、現在はオーストラリアを中心に拡大しているという。

さらに作者は、4種類の亜種についてソースコードを公開していることから、F-secureではより悪質な亜種が登場する可能性に懸念を示している。

(Security NEXT - 2009/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス