Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織内のメッセージング環境やポータル向けセキュリティ製品を発売 - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、組織内のメッセージング環境やポータルのセキュリティ対策を実現するセキュリティ対策ソリューション「Trend Micro Collaboration Security」を12月18日に発売する。

同製品は、リモート会議、インスタントメッセンジャーのセキュリティ対策を実現する新製品の「IM Security for Microsoft Office Communications Server」や、「InterScan for Microsoft Exchange」「PortalProtect」をセットで提供するセキュリティ対策製品。

「IM Security for Microsoft Office Communications Server 1.5」では、「Microsoft Office Communications Server」においてインスタントメッセージを交換する際、ウイルスへ感染するおそれがある不正サイトやフィッシング詐欺サイトのURLが含まれる危険なメッセージをブロックすることが可能。またコンテンツフィルタ機能を備えており外部への情報漏洩を防止する。

さらに「Microsoft Exchange Server」のメール環境においてセキュリティ環境を提供する「InterScan for Microsoft Exchange」や社内ポータルや業務システムなど実現する「Microsoft Office SharePoint Server」のSQLデータベースにおけるセキュリティ対策を実現する「PortalProtect」を提供する。

1000から1999アカウントを導入した場合の参考価格は1アカウントあたり1860円。同ソリューションを構成する製品を単体で導入しているユーザーには、同アカウント数を半額で提供する。

(Security NEXT - 2009/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス