Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デバイスを監視して情報漏洩を防止するソフト - 日本PGP

日本PGPは、メディアやデバイスを監視して端末からの情報漏洩を防ぐソフト「PGP Endpoint Device Control」を発表した。11月16日より発売する予定。

同製品は、ポートの出入力を監視してあらゆるメディアの接続を自動検出し、セキュリティポリシーに従ってデバイスの許可、禁止、制限などを行うもの。USBメモリやハードディスク、CD、DVDのほか、携帯電話やデジタルカメラ、スキャナ、プリンタ、生体認証機器、モデムなど幅広い機器に対応する。

承認されたデバイスのみ許可するホワイトリスト方式を採用。ユーザーごとの柔軟な集中管理が行えるほか、ファイルサイズや利用時間帯に基づく制御が行える。またデバイスへの書き込み時の強制暗号化機能を備えた。

また今回同時にアプリケーション制御ソフト「PGP Endpoint Application Control」を発売する。ホワイトリストであらかじめ承認されたアプリケーションのみ実行を許可するもので、未知のウイルスや不正ソフトからシステムを防御する。

(Security NEXT - 2009/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償