Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、暗号モジュール認証制度を新規格へ移行 - 保証継続制度も導入

情報処理推進機構(IPA)は、「暗号モジュール試験及び認証制度(JCMVP)」におけるセキュリティ試験項目を新規格へ移行した。2010年3月末日まで移行期間とし、旧規格に基づいた認証申請についても受け付ける。

制度は、暗号モジュールへ暗号アルゴリズムが適切に実装されていることやセキュリティが確保されているか確認する制度。

従来は、暗号モジュールが満たすべきセキュリティ要求事項を定めた「JIS X19790」、試験項目を定めた「JIS X5091」を規格としてきたが、ISO/IEC 24759の国際一致規格である「JIS X 24759」が10月20日に発行されたことを受け、同規格へ移行した。

また同機構は「暗号モジュール試験及び認証制度」において、認証済み暗号モジュールのバージョンアップ版に対応するあらたな認証制度「保証継続」を導入した。

同制度では、認証済み製品がセキュリティに影響を与えない事を申請者が証明することで、再度試験を受け直すことなく認証取得できる。従来は、認証済みモジュールがセキュリティに関係ないバージョンアップでも新規認証と同様の手続きが必要だった。

(Security NEXT - 2009/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
IPA、サイトのセキュリティ対策20カ条を解説 - CLも公開
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
クラウドセキュリティに活用できるOSSを紹介した資料 - CSAジャパン
「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意