Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティソフトが1年ぶりに猛威 - IPAが注意呼びかけ

偽セキュリティ対策ソフトの感染が拡大している。情報処理推進機構(IPA)では、手口を知ることによって被害を未然に防ぐことができるとして、注意喚起を行った。

同機構では毎月、ウイルスに関する届け出を統計としてまとめているが、セキュリティ対策ソフトを装って金銭をだまし取る「偽セキュリティ対策ソフト」が増加傾向にあるという。

同機構の調査では、2008年10月に約5万件を検出して以来、収束の方向に向かっていたが、2009年9月、10月と再び3万件から4万件で推移するなど1年ぶりに拡大している。

同機構では、最近の感染経路として、マイクロソフトをはじめとする著名企業を偽装したメールの添付ファイルや、改ざんされたウェブサイトの閲覧が多いと指摘。身に覚えのないメールを開かないようにしたり、ウイルス対策の実施、OSやアプリケーションを最新の状態にしておくなど対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ閲覧中の偽警告画面に注意 - 8月だけで相談200件
「ウイルス検出」とだます偽警告への相談、引き続き増加傾向
音楽配信サービス「Spotify」に不正広告 - マルウェア感染報告も
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも
6月は不正サイト検知数が微増 - 大きな変化見られず
5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト
「Apple Watch」で誘う詐欺サイトに注意 - 割引販売で誘引