Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトンシステムズ、ファイル共有アプライアンスにメールアラート機能を追加

ソリトンシステムズは、ファイルを共有するためのアプライアンス製品「Net’AttestFileZen」に新機能を追加した最新版を発売した。

同製品は、社内外で大容量のファイルをネットワーク経由でやりとりする際に活用できるアプライアンス。企業内のネットワークに設置し、ウェブブラウザからファイルの操作を行うことができ、ウイルスチェック機能を搭載している。

従来よりプロジェクト内でファイルを共有する方式を採用しているが、最新版となる「Net’AttestFileZen V2.0」では、新機能「めるあど便」を追加。

アップロード時にメールアドレスを入力することで通知メールを送信し、受信者は専用のURLからダウンロードすることができる。また外部へのファイル送付に対して事前に責任者の承認を必要とする「承認機能」を搭載した。

(Security NEXT - 2009/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CTC、米DocuSignの電子署名サービスを提供
ウィンマジック、「Dropbox」で保存する前に暗号化するソフト
漏洩対策からeディスカバリーの対応まで可能なモバイル管理製品
日本IBM、アクセス制御可能なSNS型オンラインストレージ提供
横河レンタ・リース、データをPCに保存しない「データレスPC」ソリューション
米Box、Heartbleed対策は報告から1時間 - 社内には5種類のセキュリティチーム
アズジェント、標的型攻撃の兆候を診断する無料サービス
アシスト、「Windows 8」搭載タブレットの利用企業向けにセキュリティパッケージ
日本HP、企業向けに安全なモバイル環境を提供する「ECS-Mobility」
トレンドマイクロ、企業向けにファイル共有ソリューションを発売