Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月に発生したアドレス流出、外部からの指摘を受け公表 - 内閣府

内閣府食品安全委員会は、8月に発生したモニター381人のメールアドレス流出を公表した。外部から指摘を受けるまで事実を把握していなかった。

同委員会事務局によれば、8月13日に食品モニター381人へ「課題報告の提出のお願い」と題したメールを送信したが、その際に担当者の操作ミスが原因で全員のアドレスが表示された状態で送られたという。

11月4日、総務省行政管理局に対しモニターから流出事故について通報があり発覚したもので、事故について担当者が報告していなかったため、事務局が事態を把握しておらず、事故を公表していなかった。

同事務局の説明によれば、担当者は誤送信発生後、メールの削除を依頼し、内閣府大臣官房企画調整課情報システム室などと原因を調査し、誤操作が原因であることなど判明していたという。今後は、メール送信時のチェック体制を整備するとともに、事故発生時の速やかな報告を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2009/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
セキュリティコード含むカード情報が外部転送、流出の可能性 - 城山観光ホテル通販サイト
家計調査員が調査対象世帯の個人情報を紛失 - 三重県
学生情報含むPCを空港に置き忘れて紛失 - 札幌医科大
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ
顧客情報含む領収書など紛失 - 三谷産業子会社
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
通販サイトでクレカ情報流出の可能性、セキュリティコードも - ミヨシ石鹸
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター