Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Shockwave Player」に深刻な脆弱性 - Adobeがアップデートを公開

米Adobe Systemsは、「Shockwave Player 11.5.1.601」に深刻な脆弱性が見つかったとしてアップデートを公開した。

同バージョンを含む以前のバージョンにおいて、不正なコードが実行されたり、サービス拒否など5件の脆弱性が見つかったもの。同社では不具合を解消した「Shockwave Player version 11.5.2.602」を公開しており、アップデートを呼びかけている。

Security updates available for Shockwave Player
http://www.adobe.com/support/security/bulletins/apsb09-16.html

Adobe Systems
http://www.adobe.com/

(Security NEXT - 2009/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定
Intel、複数製品向けに脆弱性を修正するアップデート
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性
Adobe、複数製品に対してアップデート - 「Flash Player」「Acrobat」以外のユーザーも注意を
「Adobe Acrobat/Reader」向けにアップデート - 脆弱性21件を修正
MS月例セキュリティ更新がリリース、脆弱性74件を修正 - 2件でゼロデイ攻撃を確認済み