Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「XP」と比較しウイルス感染率低い「Vista」 - MS上半期レポート

マイクロソフトは、2009年上半期のセキュリティに関する状況を取りまとめた「セキュリティインテリジェンスレポート第7版」を発表した。

同レポートは、同社製品のユーザーなど数億台のシステムからデータを収集、分析したもの。レポートによれば、世界的にマルウェアは、偽セキュリティ対策ソフトを含めたトロイの木馬がもっとも多く観測されており、米国や英国、イタリア、フランスで活動が活発だった。

一方韓国やスペインでは、オンラインゲームユーザーを狙ったと見られるワームが多かった。中国では言語に特化した攻撃が目立ったという。またブラジルではオンラインバンキングを狙った攻撃が目立っている。

同レポートでは、同社OSごとの感染率についても調査を行っており、「Windows Vista SP1」の感染率は、「Windows XP SP3」より61.9%低かったことを報告。さらにRTMバージョンと比較すると、「Windows Vista」の感染率が「Windows XP」より85.3%低かったとしている。

サーバに関しても、「Windows Server 2008 RTM」の感染率は「Windows Server 2003 SP2」から52.6%下回るなど、あたらしいOSの優位性をアピールする結果となった。また最新のサービスパックを導入することで感染率が低下することを報告している。

業界全体において発見された脆弱性については、アプリケーションの脆弱性が2008年下半期から減少したが、OSのシステムは横ばい。ブラウザについては上昇した。深刻度「高」と評価された脆弱性は、46%と半数弱に上っている。同社に限ると上半期に27件のプログラムを公開。85件の脆弱性を解決している。

(Security NEXT - 2009/11/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に