Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュリティ製品を「Microsoft Exchange 2010」に対応 - ソフォス

ソフォスは、同社のメールセキュリティ対策製品「Sophos PureMessage for Microsoft Exchange」を「Microsoft Exchange Server 2010」に対応させる計画を発表した。

同製品は、メールのセキュリティ環境を提供するソリューション。定義ファイルで対応していない新種ウイルスや亜種に対応する独自技術「Genotype Technology」を搭載しているほか、ウイルスやスパイウェア対策以外にもスパムやフィッシング詐欺の防御機能を提供する。

同社では、マイクロソフトが11月にリリースした最新メールサーバ「Microsoft Exchange Server 2010」へ2010年4月を目処に対応する予定で、同サーバ上でのメール送受信環境におけるセキュリティ環境を実現する。

(Security NEXT - 2009/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調