Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールセキュリティ製品を「Microsoft Exchange 2010」に対応 - ソフォス

ソフォスは、同社のメールセキュリティ対策製品「Sophos PureMessage for Microsoft Exchange」を「Microsoft Exchange Server 2010」に対応させる計画を発表した。

同製品は、メールのセキュリティ環境を提供するソリューション。定義ファイルで対応していない新種ウイルスや亜種に対応する独自技術「Genotype Technology」を搭載しているほか、ウイルスやスパイウェア対策以外にもスパムやフィッシング詐欺の防御機能を提供する。

同社では、マイクロソフトが11月にリリースした最新メールサーバ「Microsoft Exchange Server 2010」へ2010年4月を目処に対応する予定で、同サーバ上でのメール送受信環境におけるセキュリティ環境を実現する。

(Security NEXT - 2009/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール