Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療機関へ送付する通知文書の誤送付を公表 - 群馬労働局

群馬労働局は、9月29日に労働基準部労災補償課において医療機関へ送付する通知文書を誤って関係ない医療機関へ送付したことを公表した。

誤送付したのは、「労災診療費内訳書の通知」と「診療費請求内訳書」の写し。関連する労働者が受診した医療機関へ送付するところを誤って関係ない病院へ送付したという。書類には氏名や生年月日など1件の個人情報が記載されていた。

10月1日に書類を受け取った医療機関から指摘を受け問題が判明。文書を回収し、関係者に対して謝罪した。同局では、文書の郵送時は複数体制を徹底するなど対策を強化するという。

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
顧客情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 北星信金
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
乳児がいる家庭への訪問記録票を紛失 - 熊本市
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
USBメモリを院内で紛失、患者情報含む可能性 - 北里大病院
寄付者の個人情報含むPCを一時紛失 - 生活困窮者支援のNPO法人
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院