Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末とデータ変換ソフトをセットにした「電子ペーパーソリューション」を発売 - ハイパーギア

ハイパーギアは、電子文書の閲覧専用端末とデータ変換ソフトをセットにした「HGSEALEDリーダーセキュア電子文書ソリューション」を発表した。12月下旬に発売を予定している。

同ソリューションは、社内の電子文書や紙文書を、閲覧用の端末「HGSEALEDリーダー」で利用可能にする製品。パソコン上の監視フォルダへ変換したい文書を入れるだけで、自動的に変換できる。

特定の端末でのみで閲覧できるよう文書を変換することが可能。端末にもパスワードを設定することができる。価格は、端末2台と変換ソフト1式のスターターキットが9万9750円。追加の端末が1台4万1790円。

091030hg.jpg
端末の重量は180グラム。

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
「CRYPTRECシンポジウム2019」が7月に開催
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を