Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9割超の大学と独立行政法人がソフトウェアの管理が不適切 - BSA調査

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、国内の大学と独立行政法人におけるソフトウェアの管理状況を取りまとめ、「ソフトウェア管理状況実態調査レポート」として発表した。

同レポートは、国内の大学および独立行政法人のソフトウェア管理担当者を対象に、ソフトウェアの管理状況について調査した結果をまとめたもの。調査は2009年9月3日から同月24日にかけて、電話アンケート方式で実施。有効回答数は大学216件、独立行政法人37件だった。

調査結果によれば、「ソフトウェアの管理を行っている」と回答したのは大学では88.9%、独立行政法人では94.6%だった。いずれも9割と高い比率になっているが、そのうちインストール台帳とライセンス台帳が正しく整備されているのは、大学では57.8%、独立行政法人では62.9%にとどまった。

また、ソフトウェア管理規程を整備しているのは独立行政法人では91.4%だったのに対し、大学では30.2%だった。組織内すべてのコンピュータを管理していると答えたのは、大学では51.0%、独立行政法人では42.9%で、約半数に管理されていないコンピュータが存在することがわかった。

このほか、インストール状況の棚卸を年1回以上実施している大学は41.7%、独立行政法人では20.0%。ソフトウェア管理状況を定期的にチェックしている大学は34.54%、独立行政法人は40.0%だった。

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
国内コンテンツを販売した香港在住の男性が逮捕 - 監視システムで初検挙
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
発売前の少年ジャンプをアップロードして御用