Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパム配信、DDoS攻撃が闇市場で人気 - 初心者向けコンサルなども存在

100万通のスパム送信が、わずか4万円程度から行えるなど、サイバー犯罪の相場実態が判明した。なかでも人気商品は、DDoS攻撃、スパム送信、クレジットカード情報だったという。

G Data Softwareが、闇情報のやりとりが行われているウェブサイトや掲示板など調査を行い、ネット犯罪の実態調査を取りまとめたもの。サイバー犯罪については経済犯化が進んでいるが、より具体的な取り引きの内容などが明らかとなっている。

ウイルス、ボットネットのレンタル、DDoS攻撃、スパムメールの送信、カード情報といった個人情報の取り引きが活発に行われており、初心者でもスムーズに実行できるようにコンサルタントサービスや、フォーラム、FAQ、ビデオチュートリアルなど低価格で出回っているという。

同社の調査によれば、攻撃ツールの相場は日本円に換算して約2000円ほどから手に入れることが可能。ボットのソースコードであっても、3万円弱から10万円強で取り引きされていた。

また4万円から10万円で100万通のスパムを配信することができ、DDoS攻撃については1時間1000円強から2万円程度の相場でサービスが提供されている。

(Security NEXT - 2009/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
6000万件から1億件強のDBを保有 - 名簿業者実態調査
楽天証券、追証を関係ない顧客へ誤って通知
アジア地域のクレジットカード情報相場は米国の2倍以上 - トレンド調査
東証でシステム障害、241銘柄が売買停止 - 後場より再開予定
メルマガ誤送信で顧客のアドレスを流出 - USSひまわりグループ
3営業日連続でシステム障害 - 東京穀物商品取引所
「パートタイムスパマー」でも月収100万円 - ネット犯罪の経済事情
三井物産フューチャーズ、メール誤送信でアドレス2件が流出
名証でシステムトラブル - 後場は通常通り