Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトの違法コピーで都内旅行会社の証拠保全手続きを実施 - BSA

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)は、同団体会員が提供するソフトウェアの著作権が侵害されたおそれがあるとして、都内の旅行会社に対し、10月15日に証拠保全手続きを実施したと発表した。

同団体の情報提供窓口へ違法コピーに関する詳細な告発があり、8月にマイクロソフトや、アドビシステムズやファイルメーカーの3社が東京地方裁判所に行った申し立てが認められ、実施したもの。

BSAによれば告発内容が具体的で、ユーザー登録状況から違法コピーが行われている可能性が高いと判断。代理人からの調査依頼に対しても旅行会社から回答がなく、証拠隠滅のおそれがあったことから証拠保全を申し立てたという。

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)
http://www.bsa.or.jp/

(Security NEXT - 2009/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
国内コンテンツを販売した香港在住の男性が逮捕 - 監視システムで初検挙
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
発売前の少年ジャンプをアップロードして御用