Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客の要望と勘違いし、他社へ個人情報を提供 - NTT東委託先

NTT東日本は、同社業務委託先が勘違いし、顧客情報を他社へ提供する事故が発生したと発表した。

業務委託先が、NTT東が取次先となっている他社の製品に関して顧客が説明を希望していると誤解し、9月28日に顧客から同意を得ずに外部他社へ氏名や電話番号など個人情報を提供したもの。同社では関係者に対して謝罪した。

(Security NEXT - 2009/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
プレスリリースを誤送信、報道機関のメアド流出 - 札幌医科大
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
3年前のメール誤送信を公表、匿名による指摘受け - 北九州市
メール誤送信で学生のメアド流出 - 東京外大生協
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
個人情報を誤ってサイトで公開、墨塗りミスなど - 三田市