Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福岡銀行の障害原因が明らかに - 保守ミスでHDD損傷時に冗長システム動作せず

福岡銀行で9月に発生した大規模なシステム障害の原因が同行の調査により判明した。機器の障害に人為的ミスが重なり、冗長システムが正しく動作しなかったという。

問題となったシステム障害は、9月16日早朝に発生したもので、オンラインシステムがダウンし、同日昼前後まで取り引きができない状態が発生した。

その後オンラインシステム自体は復旧したものの、振り込みのバッチデータを消失。復旧作業が長時間にわたり、処理作業がずれ込んだことから、17、18日の一括処理についても遅延、19日までずれ込んだ。

さらに復旧時に二重振り込みや振り込みの金額ミスが発生し、修正作業など作業は30日までかかり、最終的な勘定合算確認作業の完了は10月6日となった。

オンラインシステムにおける障害の直接的な原因はハードディスクの損傷。本来障害発生時に備えて冗長化しており、自動的にバックアップするしくみだったものの、保守を担当していた日本IBMが装置のバッテリー交換をし忘れたことから電圧が下がり、自動バックアップが機能せず、データの消失など被害拡大したという。

福岡銀行
http://www.fukuokabank.co.jp/

(Security NEXT - 2009/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
オンラインゲームの再開、来週以降となる見込み - マイネット
マイネットにサイバー攻撃、ゲーム13タイトルで障害
楽天カード、3月7日朝に全面復旧を予定 - 6日も19時半より一時再開
楽天カードでシステム不具合、借入や一部支払に影響
MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中
NICOSカードのシステム障害 - HDD3台が同時に故障
NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定
一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響
個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中