Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSK Winテクノロジ、Windows 7やOTPに対応した「BitLocker」管理製品の最新版

CSK Winテクノロジは、Windowsのエンタープライズ向け製品に搭載されている暗号化機能「BitLocker」の管理ソリューション「PerfectWatch for BitLocker」を機能強化し、発売を開始した。

同製品は、GUI環境でPCにおける「BitLocker」の暗号化状態を一元管理できるソリューション。ユーザーの暗号化解除操作を制限することができる。

今回発売となる最新版「PerfectWatch for BitLocker ver2.0」では、メディア暗号化機能「BitLocker To Go」など機能強化された最新OS「Windows 7」をサポート。

さらに「BitLocker」の標準環境では、サポートされていない「ワンタイムパスワード機能」を追加することが可能。起動環境を変更した際に必要となる回復パスワードを発行した際の手間やリスクを低減することができる。

(Security NEXT - 2009/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
ソフォス、法人向け暗号化ソフトウェアに新版 - Mac向け機能を拡張
Vistaの暗号化機能「BitLocker」に連動する指紋認証製品を発売 - DDS