Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガードとCSEが協業 - SSL-VPNと本人認証製品の連携を実現

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンとシー・エス・イーは、SSL-VPN製品と認証製品の連携で協業すると発表した。

ウォッチガードのSSL-VPN製品「WatchGuard SSL100」と、CSEの「マトリクス認証」を採用した認証製品「SECUREMATRIX」の連携を実現するもの。今後両社は、共同でプロモーションを展開するなど、ソリューションの拡販を目指す。

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立