Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガードとCSEが協業 - SSL-VPNと本人認証製品の連携を実現

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンとシー・エス・イーは、SSL-VPN製品と認証製品の連携で協業すると発表した。

ウォッチガードのSSL-VPN製品「WatchGuard SSL100」と、CSEの「マトリクス認証」を採用した認証製品「SECUREMATRIX」の連携を実現するもの。今後両社は、共同でプロモーションを展開するなど、ソリューションの拡販を目指す。

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
NEC、新生児の指紋認証に成功 - 新興国の身分証明に活用
生体情報より作成した公開鍵で認証するソフトウェア - 日立ソ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ