Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウォッチガードとCSEが協業 - SSL-VPNと本人認証製品の連携を実現

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンとシー・エス・イーは、SSL-VPN製品と認証製品の連携で協業すると発表した。

ウォッチガードのSSL-VPN製品「WatchGuard SSL100」と、CSEの「マトリクス認証」を採用した認証製品「SECUREMATRIX」の連携を実現するもの。今後両社は、共同でプロモーションを展開するなど、ソリューションの拡販を目指す。

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
FIDO認証導入のコンサルティングサービス
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
「Android」が「FIDO2」をサポート - 10億台以上の端末が対応
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン