Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JSRedir-R」改ざんサイトの4割が類似攻撃により再被害 - セキュアブレイン

セキュアブレインの調査によれば、「JSRedir-R」と類似した攻撃が発生しており、過去に被害に遭ったサイトの4割が再び改ざんされている。

2009年上半期に「JSRedir-R」、別名「Gumblar」「GENOウイルス」として知られるウイルスが原因により、正規サイトの改ざん被害が広がったが、同社では同様の攻撃を再び確認しているという。同社が6月に調査し、改ざんを確認した299件のサイトについて現状を調べたところ、41.5%にあたる124件が改ざんされていたという。

国内サイトと見られるドメインの改ざん状況を見ると、「jp」ドメインが23.4%にあたる29件ともっとも多く、企業などで用いられる「co.jp」ドメインが23件で18.5%を占めた。「ne.jp」ドメインが18件、「or.jp」が9件と続いている。

最初の被害でFTPサーバのIDやパスワードが盗まれた場合、これらが正しく変更されていない場合は再び被害に遭う可能性があるとして同社では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出