Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

売上金盗難でクレジットカード売上票が被害 - JR名古屋駅内のレストラン

JR名古屋駅構内のイタリアンレストラン「MACCARONI」において盗難事件が発生し、クレジットカード売上票16件が被害に遭ったことがわかった。

同日23時30分ごろ、同店舗において売上金の盗難事件が発生し、現金などとともにクレジットカード売上票が持ち去られたもの。被害に遭ったのは10月9日に取り扱った16件で、カード利用者の署名、カード会社略称、下3桁を除くカード番号、取引金額などが記載されていた。

JR名古屋駅内の施設を管理する名古屋ステーション開発では被害届を提出。カード会社へカードの不正利用について防止するよう対応を求めたという。

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院