Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」のセキュリティ機能に課題あり - G Dataが辛口コメント

G Data Softwareが、マイクロソフトの新OSである「Windows 7」のセキュリティ機能に対してコメントを出した。

G Dataはコメントで、前バージョンであるVistaと比較してさまざまな保護機能が統合され、使い勝手も良くなったとしながらも、セキュリティ面で注目すべき改良点がなく、プロテクションは不十分なままであるとの見解を示した。

また問題点として、ユーザーアカウント制御においてデフォルト設定が「プログラムがコンピュータに変更を加えようとする場合にのみ通知」であり危険が増したと指摘。ファイル名の拡張子が相変わらず表示されないことなど挙げ、攻撃に悪用される懸念を表明している。

セキュリティ面で有効である「AppLocker」「Bitlocker」といった機能が個人向け製品に含まれていない点を課題とした。

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
「添付ファイルでマルウェア感染?」「PCの動作が変?」 - まずは調査を
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
2020年における企業の「Windows 10」比率は約5割 - IDC Japan予測
「Oracle WebLogic Server」狙う脆弱性攻撃を12月後半より観測 - 警察庁
脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
TCP 52869番ポートへのパケット - 「Mirai」亜種による感染活動の可能性
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響