Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」のセキュリティ機能に課題あり - G Dataが辛口コメント

G Data Softwareが、マイクロソフトの新OSである「Windows 7」のセキュリティ機能に対してコメントを出した。

G Dataはコメントで、前バージョンであるVistaと比較してさまざまな保護機能が統合され、使い勝手も良くなったとしながらも、セキュリティ面で注目すべき改良点がなく、プロテクションは不十分なままであるとの見解を示した。

また問題点として、ユーザーアカウント制御においてデフォルト設定が「プログラムがコンピュータに変更を加えようとする場合にのみ通知」であり危険が増したと指摘。ファイル名の拡張子が相変わらず表示されないことなど挙げ、攻撃に悪用される懸念を表明している。

セキュリティ面で有効である「AppLocker」「Bitlocker」といった機能が個人向け製品に含まれていない点を課題とした。

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
「WannaCrypt」発生以降、445番ポートへのパケットが増加
IE向けActiveX版のFlash Player 、99%が旧版 - Avast調査
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
JavaScriptマルウェアが減少、実行ファイルやPDF形式が増加 - ESET
LINEのバグ報奨金プログラム、10カ月で133件の報告 - 脆弱性認定は5件
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
2016年3Qの脆弱性登録は1738件 - 製品別では「Android」が最多
DMG森精機と日本MS、制御システムのセキュリティ対策で技術協力