Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」のセキュリティ機能に課題あり - G Dataが辛口コメント

G Data Softwareが、マイクロソフトの新OSである「Windows 7」のセキュリティ機能に対してコメントを出した。

G Dataはコメントで、前バージョンであるVistaと比較してさまざまな保護機能が統合され、使い勝手も良くなったとしながらも、セキュリティ面で注目すべき改良点がなく、プロテクションは不十分なままであるとの見解を示した。

また問題点として、ユーザーアカウント制御においてデフォルト設定が「プログラムがコンピュータに変更を加えようとする場合にのみ通知」であり危険が増したと指摘。ファイル名の拡張子が相変わらず表示されないことなど挙げ、攻撃に悪用される懸念を表明している。

セキュリティ面で有効である「AppLocker」「Bitlocker」といった機能が個人向け製品に含まれていない点を課題とした。

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年下半期の攻撃トラフィック、上半期の3.5倍 - 8割強が「telnet」狙い
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
8月半ばからTCP 445番ポート宛てのパケットが増加 - 8割の送信元がWS 2003
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用