Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトが急増、SEOポイズニングなど配布手口も巧妙化 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが9月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について取りまとめた。

9月のマルウェアランキングは、前月から大きな変動はなかった。1位は前回と同じ「Win32/Conficker」で、全体に占める割合も8.76%と同水準の推移となった。

2位は前回から順位を1つ上げた「INF/Autorun」。リムーバブルメディアのオートラン機能を悪用して感染を広げるもので、同じ感染手法の「Win32/Autorun」も前回の17位から9位に浮上するなど、依然として被害が発生している。

また、前回のランキングでランク外から7位に急浮上した「Win32/TrojanDownloader.Swizzor」は今回も8位にランクインしており、勢力を保っている。感染先のホストに複数のアドウェアコンポーネントをインストールするもので、法律を意識して特定言語のシステムには感染しないよう設定されている。

ランキングには現れていないが、同社では偽セキュリティ対策ソフトの急増を指摘している。マイクロソフトが、詐欺ソフトの開発者に対し法的措置を講じるなどの対策を実施しているが、増加傾向に変化はないという。New York Timesが被害に遭った例や、TwitterやFacebookを悪用して偽ソフトが配布されている事例もあり、注意を促している。

9月には、SEOポイズニングによる偽セキュリティ対策ソフトの配布が複数確認された。特に9.11のテロに関する検索キーワードをターゲットにしたものが多く、検索結果の上位に偽ソフトの配布サイトへのリンクを表示させるといった悪質な手口のため、注意が必要だとしている。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/Conficker
2位:INF/Autorun
3位:Win32/PSW.OnLineGames
4位:Win32/Agent
5位:INF/Conficker
6位:Win32/Qhost
7位:Win32/Pacex.Gen
8位:Win32/TrojanDownloader.Swizzor
9位:Win32/Autorun
10位:WMA/TrojanDownloader.GetCodec

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移