Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻な脆弱性を含む多数不具合を修正するパッチを公開 - Oracle

Oracleは、同社製品向けに深刻な脆弱性を解消したセキュリティパッチの提供を開始した。

今回の更新では、同社データベースやアプリケーションサーバ、ビジネス向けスイートなど幅広い製品が影響を受ける。あわせて38件におよぶセキュリティ上の問題へ対応したほか、セキュリティ以外の修正も含まれる。

同社では、深刻な問題が含まれているとしてセキュリティパッチを適用するよう呼びかけている。

Oracle Critical Patch Update Advisory - October 2009
http://www.oracle.com/technology/deploy/security/critical-patch-updates/cpuoct2009.html

日本オラクル
http://www.oracle.co.jp/

(Security NEXT - 2009/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
「Apache Camel」にXXEの脆弱性 - 最新版で修正
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
「Firefox 67」がリリース、21件の脆弱性を修正 - コインマイナーのブロックに対応
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース