Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バイオメトリクス認証に関連したNIST資料を翻訳 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、米国国立標準技術研究所(NIST)が発行したバイオメトリクス関連資料を翻訳し、提供を開始した。

同機構とNRIセキュアテクノロジーズが共同で翻訳を行っているもの。今回、2007年1月に公表された「個人識別情報の検証における生体認証データ仕様(改訂版)」を翻訳した。

同書では、Personal Identity Verification(PIV)システムにおけるバイオメトリクスによる証明情報の技術的な取得およびフォーマットに関する仕様を解説している。

(Security NEXT - 2009/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
「カードが虐待されている」? - セゾンカード装うフィッシング攻撃に注意
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
ルータ侵害による不正アプリ配布、Facebookの次は「Chrome」を偽装
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
DNSの運用変更で総務省など注意喚起 - 9月19日までに対応を
「Samba 4.0」以降に深刻な脆弱性「Orpheus' Lyre」 - 「Heimdal」実装で影響
PCI SSC、クレカのセキュリティ基準「PCI DSS」日本語版を公開
「ライン会社」名乗るフィッシング - 「アカウントが盗まれた」と不安煽る