Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第3四半期はマルウェアの新種が拡大、毎日5万件のサンプル - Panda Security

Panda Securityの日本法人であるPS Japanは、同社のセキュリティ研究機関である「PandaLab」が取りまとめた2009年第3四半期のレポートを発表した。

同社によれば、同四半期の特徴としては新種の増加が目立っており3カ月間で500万の新種マルウェアを観測したという。旧来のウイルスやワームが占める割合は全体のわずか2%で、現在は毎日5万件のサンプルを受け取っているという。

同社がもっとも多く観測したのはトロイの木馬が37.7%でトップだった。アドウェアの約18.7%やワームの14%にくわえ、11.9%でハッキングツールやウイルスの10.5%が続いている。マルウェアの感染台数が増加しており、9月には1年を通じて最大となる約15.6%まで上昇した。

感染拡大には、SNSサービスやスパムのほか、検索サイトへ上位表示させるブラックハットSEOなどにより不正サイトへ誘導する手口のほか、メールの配信不能レポートによるスパムも発生している。

(Security NEXT - 2009/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
セキュリティ相談、2019年2Qは微減 - 宅配業者偽装SMSは増加
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
不正プログラムとウイルスともに検出数が増加 - バックドアが約17倍に
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談