Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第3四半期はマルウェアの新種が拡大、毎日5万件のサンプル - Panda Security

Panda Securityの日本法人であるPS Japanは、同社のセキュリティ研究機関である「PandaLab」が取りまとめた2009年第3四半期のレポートを発表した。

同社によれば、同四半期の特徴としては新種の増加が目立っており3カ月間で500万の新種マルウェアを観測したという。旧来のウイルスやワームが占める割合は全体のわずか2%で、現在は毎日5万件のサンプルを受け取っているという。

同社がもっとも多く観測したのはトロイの木馬が37.7%でトップだった。アドウェアの約18.7%やワームの14%にくわえ、11.9%でハッキングツールやウイルスの10.5%が続いている。マルウェアの感染台数が増加しており、9月には1年を通じて最大となる約15.6%まで上昇した。

感染拡大には、SNSサービスやスパムのほか、検索サイトへ上位表示させるブラックハットSEOなどにより不正サイトへ誘導する手口のほか、メールの配信不能レポートによるスパムも発生している。

(Security NEXT - 2009/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移