Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、メールセキュリティ製品へメールを暗号化PDFに変換する新機能を追加

ソフォスは、暗号化機能をあらたに備えたメールセキュリティ対策製品「Sophos Email Security and Data Protection」を発売した。

同製品は、同社が従来より提供しているスパム対策やフィルタリング機能などを搭載したメールセキュリティ製品「Sophos Email Security and Control」へ、暗号化機能を追加した新製品。「Sophos Email Appliance」上で動作する。

一般的なメーラーから送信されたメールに対し、設定したポリシーに応じてメール本文や添付ファイルをPDFに変換、暗号化できる「Sophos SPX」を搭載した。同機能は同社が特許出願している独自の暗号化技術で、パスワードの自動生成にも対応。受信者に特別な環境を用意せずに利用できる。

価格は100ユーザー利用時の場合、1ユーザーあたり4767円/年。利用には別途「Sophos Email Appliance」が必要。

(Security NEXT - 2009/10/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン