Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティゲートウェイ「ACCESSGUARDIAN」に脆弱性 - 修正プログラムが公開

キヤノンITソリューションズが販売するウェブセキュリティゲートウェイ「ACCESSGUARDIAN」において、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が見つかった。

脆弱性が明らかになったのは、「同Version 3.0.14」や「同Version 3.5.6」を含む以前のバージョン。認証処理にクロスサイトスクリプティングの脆弱性が含まれており、攻撃を受けた場合、利用者のブラウザ上でスクリプトが実行されるおそれがある。

同社では脆弱性を解消した修正プログラム「同Version 3.0.16」「同Version 3.5.9」を公開。アップデートを呼びかけており、専用モジュールなど導入している利用者にはサポートへ相談するようアナウンスしている。

脆弱性情報を掲載しているJVNによれば、同脆弱性はグローバルセキュリティエキスパートの柏崎央士氏が情報処理推進機構(IPA)が報告、JPCERTコーディネーションセンターが調整を行ったという。

キヤノンITソリューションズ
http://canon-its.jp/

(Security NEXT - 2009/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
ゼロデイ攻撃への悪用目立つ「権限昇格の脆弱性」
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正