Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスの活動監視から復旧支援まで行うセキュリティソリューション - トレンドマイクロ

トレンドマイクロは、マルウェアの不正活動を監視や分析したり、感染時に復旧を支援する企業向けセキュリティソリューションの最新版「Trend Micro Threat Management Solution 2.5」を、11月18日より提供開始する。

同製品は、「Trend Micro Threat Discovery Suite」と「Trend Micro Threat Mitigation Suite」を組み合わせたセキュリティソリューション。

「Trend Micro Threat Discovery Suite」は、監視センサーとしてネットワーク内に設置するアプライアンスと、同センサーで不審な挙動を検知した際に同社研究所のスタッフが分析、レポートとして提供するサービスを組み合わせたサービス。

一方「Threat Mitigation Suite」では、感染したクライアントを分析して復旧手順を自動で作成。不正プログラムの削除や改変カ所の復旧を行う。

最新版では、危険性の高いプログラムの挙動を検知した際に通知する機能を追加。また駆除手段の提供を行う。また「ウイルスバスターコーポレートエディション」との連携強化や、自動的に情報を収集して同社へ送信し、解析や緊急パターンファイルの作成を要請する機能を追加した。

価格は、ネットワーク監視センサーのハードウェアアプライアンス「Trend Micro Threat Discovery Appliance」が378万円。VMwareで動作する仮想アプライアンス「Trend Micro Threat Discovery Virtual Appliance」126万円。

これらアプライアンスとあわせて利用する分析レポートサービス「Trend Micro Threat Management Services」の参考価格は、ユーザー数が501人から1000人の場合、405万900円。

一方「Threat Mitigation Suite」の価格は、VMware用のアプライアンス「Trend Micro Threat Mitigator」は102万9000円。サービスチケット18枚を提供する「Trend Micro Threat Management Services for Mitigator」は204万7500円。

091020tm.jpg
最新版では、レポート情報を提供するポータルサイトを用意

(Security NEXT - 2009/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
トレンド、SDNの連携ソリューションに汎用制御APIを用意
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
NTT東と楽天が協業、楽天市場の4.4万店向けにセキュリティサービス