Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT資産管理とログ管理の連携による証跡管理ソリューションを展開 - BSPとクオリティ

ビーエスピーとクオリティは協業し、両社が提供するログ管理、および資産管理製品の連携ソリューションを提供する。

両社は協業を通じて、ネットワーク機器やサーバなどのログを収集、管理できるBSPのツール「Loganizer」と、クライアントPCの状態を把握したり、脆弱性監査が行えるクオリティの資産管理製品「QND Plus」の連携を実現するもの。

連携ソリューションでは、企業ネットワーク内のログデータを一元管理を実現し、ログ情報と資産情報のマッチングを利用して、ユーザーごとの分析やアクセス状況の把握が可能となるため、証跡管理やリスク管理などに活用できる。

(Security NEXT - 2009/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド