Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo!オークションと見せかけたフィッシングが複数発生 - 16日の時点で稼働中

Yahoo! JAPANを装ったフィッシング詐欺が2件確認された。フィッシング対策協議会によると10月16日の時点でいずれも稼働しており、JPCERTコーディネーションセンターが閉鎖させるため調査を行っているという。

同協議会が確認した1件は「重要なお知らせ」とのタイトルで送信されているフィッシングメール。「Yahoo! Auctionsからの案内」などとして会員情報の更新に見せかけ、個人情報を入力させようとする。

また「Yahoo!カスタマーセンターより重要なお知らせ」とのタイトルで送信されているメールも同時に確認されている。ユーザーアカウント継続手続きなどと騙して情報の入力を迫るという手口は同様だが、実在するYahoo! AuctionsのURLを記載するなど、カモフラージュを行っている。

いずれも実際のウェブサイトにデザインが酷似したページへメールにより誘導し、個人情報を入力させるため、同協議会では誤って情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ