Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo!オークションと見せかけたフィッシングが複数発生 - 16日の時点で稼働中

Yahoo! JAPANを装ったフィッシング詐欺が2件確認された。フィッシング対策協議会によると10月16日の時点でいずれも稼働しており、JPCERTコーディネーションセンターが閉鎖させるため調査を行っているという。

同協議会が確認した1件は「重要なお知らせ」とのタイトルで送信されているフィッシングメール。「Yahoo! Auctionsからの案内」などとして会員情報の更新に見せかけ、個人情報を入力させようとする。

また「Yahoo!カスタマーセンターより重要なお知らせ」とのタイトルで送信されているメールも同時に確認されている。ユーザーアカウント継続手続きなどと騙して情報の入力を迫るという手口は同様だが、実在するYahoo! AuctionsのURLを記載するなど、カモフラージュを行っている。

いずれも実際のウェブサイトにデザインが酷似したページへメールにより誘導し、個人情報を入力させるため、同協議会では誤って情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし
三井住友銀装うフィッシングに注意 - 消費増税で「カードや通帳の停止」?
イオンのクレカ利用者狙うフィッシング攻撃 - 不自然な表現も
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う