Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1人で複数台利用するユーザーのポリシー管理にも対応したPC管理ソフト - ソリトン

ソリトンシステムズは、ユーザーごとのポリシー適用を実現する統合PC管理ソフトウェア「InfoTracePLUS」の販売を開始した。

同製品は、IT資産管理やログの収集、ユーザー認証、デバイス制御など複数の機能を搭載したPC管理ソフト。ユーザー認証機能により、ユーザーを中心としたポリシー適用が行える。1人のユーザーが複数のPCを利用している場合でも、ログオン時にそのユーザーのポリシーが適用される。

そのほか、操作ログ、メール送信ログの収集やアラートの送信、ファイル配信、ソフトウェア実行ファイル削除、不正端末検知、OSパッチ適用などのIT資産管理機能、デバイス制御、USBメモリの指定許可、ソフトの起動制限、コントロールパネルの利用制限などのPC制御機能を備えている。

今後は、管理者向けに収集した情報を整理して表示する「SmartView」を提供する予定。価格はPC1台あたり1万7850円。

(Security NEXT - 2009/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品