Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん被害の半数はブログサイト、運営業者にも問題 - セキュアブレイン調査

セキュアブレインは、サイトの安全性を確認する同社サービスにおいて検知した不正サイトの件数などを公表した。

9月に同社が危険と診断したウェブサイトは3067件で、前月の2935件を上回った。増加を後押ししたのは「フィッシング詐欺」サイトで、226件増加して1369件となった。「不正プログラム」の検出件数についても、173件と最高値になった。前月大きく増加した不正攻撃サイトは、136件から21件へと減少した。

091015sb.jpg
セキュアブレインによる検出推移

同社では観測結果を分析した結果、「不正プログラムサイト」の54%が「ソフトウェア配布サイト」だったと指摘。有用と見せかけて不正プログラムを配布しているため注意が必要で、特にゲームやDVDのコピーツールなどが狙われているという。

改ざんされたサイトは385件で49%はブログサイトだった。そのうち8割は運営サイトそのものの脆弱性が原因となっており、利用者が運営会社を選ぶ際は安全性も考慮に入れるよう呼びかけた。

また22%にあたる85件が企業サイトで、そのうち18%は、一部でGENOウイルスなどと呼ばれる「JSRedir-R」による改ざんだった。

(Security NEXT - 2009/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
2016年3Qのランサム検出、過去最多 - 感染被害報告は改善
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
子どものスマホ利用、アプリなど利用制限する保護者は4割以下
不正広告経由で脆弱性攻撃サイトに900万件のアクセス
急増するTLD、一部は危険サイトの巣窟に
国内法人でランサムウェアの被害が深刻化 - 共有ファイルが人質に