Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融機関向け異常取引検知システムに振り込め詐欺対策機能 - CSKシステムズ

CSKシステムズは、金融機関向けに提供している預金口座総合モニタリングシステム「BankSavior」の機能強化を実施した。

同製品は、設定した条件に合致する銀行口座の異常取引を検知することで、金融犯罪を防止する金融機関向けシステム。最新版では、マネーロンダリングの手口を検知する初期ルールを用意。また犯罪事案のワークフロー管理や金融庁に対する届け出を支援する機能を追加した。

さらにルール検知時に口座を即時停止する「リアルタイム応答機能」や振り込め詐欺救済法に伴う預金保険機構への届け出作業を支援する機能など、振り込め詐欺への対策機能を強化した。

(Security NEXT - 2009/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
電話の発信者番号で本人認証を行うECサイト向けサービス
NEC、金融機関向けにインターネット接続サービス - CSIRT支援も
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析
日立、サイバー攻撃の情報共有や対応強化で地銀と協力
三井住友銀とNECら3社、セキュリティ人材の育成事業で協業
DNPら、セキュアチップを活用した金融機関向け遠隔保守サービス
なりすましメール防止の「安心マーク」、地方自治体が初導入
日立、FinTechへ金融機関の認証情報提供が不要となるAPI連携サービス
日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ