Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイトの改ざん、半数弱は対応に1週間以上

ウイルスなどが感染するよう改ざんされた正規サイトの半数弱が、修正に1週間以上要していたことがG Data Softwareの調査でわかった。

マルウェアが発見された100サイトの管理者を対象に同社が調査を実施したもの。55%のサイトでは1週間以内に対応が行われたが、20%は1週間から2週間、さらに20%が3週から4週間を要しており、5%については未対応だったという。

091015gd.jpg

同社ではこうした被害を招く原因として、脆弱なパスワードや入力フォームの利用、セキュリティホールの放置をなど指摘。アップデートの適用やウイルス対策ソフトの活用、被害に遭った際の迅速なパスワード変更、利用していない古いバージョンのソフトウェアを削除することなど、サイト管理者へ対策を呼びかけている。

G DATA Software
http://www.gdata.co.jp/

(Security NEXT - 2009/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
同一コアのスレッド同時実行技術に脆弱性 - サイドチャネル攻撃「PORTSMASH」が明らかに
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電