Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オッズパークで別のシステム障害、馬券業務に一時支障

ソフトバンク関連会社のオッズ・パークが運営する競馬情報サイト「オッズパーク」で、10月8日に障害が発生し、勝馬投票券の販売に支障が出ていたことがわかった。

今回発生したシステム障害が原因となり、同日園田競馬場で開催された第4レースから第11レースまで馬券の販売を中止。さらに購入済みの馬券についても無効として返金が行われたという。

同サイトでは、10月1日からサイトの認証システムに障害があり、個人情報の流出が発生。携帯電話サイトでは、サービスが停止した状態が続いている。PCサイトは同日8日に復旧しており、直後の障害となるが、それぞれの障害における関連性について、同社では否定している。

オッズ・パーク
http://www.oddspark.com/

(Security NEXT - 2009/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会員向けサイトで個人情報を誤表示、システム不具合で - JRA
震災被害や被災者への親切心につけこむ悪質商法へ注意喚起 - 国民生活センター
シニアカード会員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 福島競馬場
委託先が競走馬オーナーなどの個人情報を紛失 - JAIRS
スパムの標的になる日本の競馬ファン - シマンテックが注意喚起
ワンクリック詐欺の相談、ひと月で900件 - ユーザーの責任問われかねないケースも
サイト改ざんで閲覧者にウイルス感染の可能性 - JRA関連サイト
競馬サイト「オッズパーク」のPC向けサービスが復旧 - SB関連会社
ソフトバンク関連会社が運営する競馬情報サイトでシステム障害 - 個人情報が閲覧可能に