Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高島屋、紛失したカード利用控えを拾得物として回収 - 運搬中に落下か

高島屋は、新宿店で扱ったクレジットカードの利用控え351件を一時紛失したと発表した。外部より拾得物として届けられ、現在は回収している。

2002年4月に新宿店食料品売場で使用された同社クレジットカード控えの綴り1冊が、10月10日午後に拾得され、同社へ届けられたもの。氏名やカード番号、利用明細や金額など、顧客情報351件が含まれる。

同社によれば、そのうち現在も引き続き利用されているカードは23件で、それ以外は新しい番号のカードへ変更されたり、退会したものだという。

問題の綴りは、前日9日13時ごろに廃棄するために運搬しており、その際に路上へ落下したと見られている。同社では所管官庁へ事態を報告。関係者に対して謝罪を行っているが、第三者へ個人情報が流出したといった報告は受けていない。

高島屋
http://www.takashimaya.co.jp/

(Security NEXT - 2009/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
オンラインゲーム「Identity V」、アンケートメールで送信ミス
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院