Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2013年までのメッセージングセキュリティ市場平均成長率は10.6% - IDC予測

IDC Japanは、国内のメッセージングセキュリティ市場を調査し、2013年までの市場規模予測を発表した。景気後退の影響を受けながらも堅調に推移し、2013年までの年間平均成長率は10.6%に達するとの見込みを示した。

同社では、マルウェア対策やコンテンツフィルタリング、暗号化、情報漏洩対策などの機能をメールやインスタントメッセージに提供するソフトウェア、アプライアンス、SaaSおよびクラウド形式のサービスなどをメッセージングセキュリティと定義し、その国内市場について調査を実施した。

調査結果によれば、2008年のメッセージングセキュリティ市場規模は171億円で、前年比成長率は23.6%と堅調な成長を見せた。

2009年は景気後退の影響で製品導入は苦戦するものの、ライセンス更新形態のソリューションは堅調な伸びとなる見込みで、同社では2008年から2013年の年間平均成長率は10.6%となり、2013年には284億円に達すると予測している。

これまではソフトウェアが市場をリードしてきたが、2008年にはアプライアンス市場規模が75億円となり、ソフトウェア市場の80億円に並ぶ勢いで、今後はSaaSおよびクラウドの市場規模が、導入の容易さやシステム継続性の高さにより急速に拡大すると分析している。

(Security NEXT - 2009/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
2018年の国内セキュリティソフト市場、前年比3%増見込み
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
国内特権ID管理製品市場、前年度比10%増
国内クラウドセキュリティ市場、前年比19.7%増
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増