Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロが「Adobe Reader」の脆弱性に対するゼロデイ攻撃を確認

トレンドマイクロは、同社研究機関において「Adobe Reader」および「Adobe Acrobat」を狙ったゼロデイ攻撃を確認したとして注意を呼びかけている。

10月に入って両ソフトウェアにおけるバージョン9.1.3やそれ以前のバージョンで、未解決の脆弱性が存在していることが判明しているが、トレンドマイクロでは、この脆弱性を攻撃するPDFファイル「TROJ_PIDIEF.UO」を確認したという。

問題のファイル内部には、不正なJavaScript「JS_AGENTT.DT」が含まれているという。さらに攻撃を受けた場合、ファイルからバックドア「BKDR_PROTUX.BD」が復号され感染。外部から任意のコードが実行されるおそれがある。

脆弱性に対してAdobe Systemsでは13日にアップデートを公開する予定で、トレンドマイクロではアップデートを適用するまで攻撃を受けないよう両製品において「JavaScript」を無効にするなど対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に