Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コムスクエア、SaaS型ネットワーク監視サービスを開始 - 海外展開も計画

コムスクエアは、サーバやネットワークを監視するSaaS型サービス「パトロールクラリス SaaS」を提供開始した。

同社がパッケージ版として提供している監視ソフトウェア「パトロールクラリス」をSaaS型サービスとして提供するもの。機器など導入することなく、サーバやネットワーク機器の死活やトラフィック、負荷状況の監視を行える。

監視するポイントを10カ所まで設定でき、月額利用料は11550円。別途初期費用は5万2500円が必要。さらに問題発生時に連絡を行う「アラートコール」や月次レポートなどオプションサービスを用意している。

同社では2010年を目処に英語版や中国語版なども提供する予定。

(Security NEXT - 2009/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威ベースのペネトレ支援サービスを開始 - NTTデータ先技
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
ASEAN地域の監視分野事業で英Assuriaと協業 - ラック
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス