Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムアンドサービス、不正PCの接続防止ソリューション - 基本的な設定のみで利用可能

日立システムアンドサービスは、ネットワークへ不正PCの接続を防止するセキュリティソリューション「オープンネット・ガード@D」を10月15日より発売する。

同製品は、接続を許可していない端末をMACアドレスで検知し、遮断することで不正接続を防止するソフトウェア「オープンネット・ガード」を、Linuxサーバへプリインストールしたセキュリティソリューション。

搭載機能を不正接続検知遮断機能とMAC認証DHCP機能に限定しており、IPアドレスなど基本的な項目を設定するだけで利用できる。登録できるMACアドレス数は3000、接続PCの台数は約1000台までで、価格は58万円。初年度の保守費用も含まれる。

(Security NEXT - 2009/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア