Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムアンドサービス、不正PCの接続防止ソリューション - 基本的な設定のみで利用可能

日立システムアンドサービスは、ネットワークへ不正PCの接続を防止するセキュリティソリューション「オープンネット・ガード@D」を10月15日より発売する。

同製品は、接続を許可していない端末をMACアドレスで検知し、遮断することで不正接続を防止するソフトウェア「オープンネット・ガード」を、Linuxサーバへプリインストールしたセキュリティソリューション。

搭載機能を不正接続検知遮断機能とMAC認証DHCP機能に限定しており、IPアドレスなど基本的な項目を設定するだけで利用できる。登録できるMACアドレス数は3000、接続PCの台数は約1000台までで、価格は58万円。初年度の保守費用も含まれる。

(Security NEXT - 2009/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
DJI、ドローン操縦アプリにインターネット接続を停止するモード
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト