Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立システムアンドサービス、不正PCの接続防止ソリューション - 基本的な設定のみで利用可能

日立システムアンドサービスは、ネットワークへ不正PCの接続を防止するセキュリティソリューション「オープンネット・ガード@D」を10月15日より発売する。

同製品は、接続を許可していない端末をMACアドレスで検知し、遮断することで不正接続を防止するソフトウェア「オープンネット・ガード」を、Linuxサーバへプリインストールしたセキュリティソリューション。

搭載機能を不正接続検知遮断機能とMAC認証DHCP機能に限定しており、IPアドレスなど基本的な項目を設定するだけで利用できる。登録できるMACアドレス数は3000、接続PCの台数は約1000台までで、価格は58万円。初年度の保守費用も含まれる。

(Security NEXT - 2009/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル