Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト経由で受信した投稿メールにおける個人情報の取り扱いで謝罪 - きらやか銀行

きらやか銀行は、同行サイト経由で受信したメールに記載された個人情報の取り扱いに問題があったとして謝罪した。

問題となったのは、同行融資先を批判する内容を含んだ投稿メール。受信した同行では、融資先を訪問してメールの内容について事実確認を行ったが、相手の求めに応じてメールを印刷したものを提示。その際、送信者の個人情報が含まれたままの状態だったという。

10月6日に個人情報の流出が判明。同行では監督官庁に報告し、関係者へ謝罪している。

(Security NEXT - 2009/10/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる