Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ファイル共有ソフトの情報掲載やめて」 - 業界11団体が出版社に自粛要請

日本音楽著作権協会や日本レコード協会、コンピュータソフトウェア著作権協会など、著作権関連する業界11団体は、ファイル共有ソフトの利用方法を紹介する記事を掲載した雑誌の出版社12社に対して掲載の自粛を要請する文書を送付した。

業界団体らは、雑誌に掲載されたファイル共有ソフトの紹介記事が違法サイトの存在を読者へ認知させ、容易にダウンロードできる情報を提供することで、著作権や著作隣接権侵害行為を助長するとして、連名で文書を送付して対応を求めたもの。

連名に参加した団体は、音楽出版社協会、音楽制作者連盟、コンピュータソフトウェア著作権協会、日本映画製作者連盟、日本映像ソフト協会、日本音楽著作権協会、日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター、日本音楽事業者協会、日本国際映画著作権協会、日本動画協会、日本レコード協会。

(Security NEXT - 2009/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
JPCERT/CCの新代表理事に菊池浩明氏が就任
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
閲覧禁止の人事情報にアクセス、危機管理課職員を処分 - 龍ケ崎市
Officeドキュメントベースのダウンローダーが前月比3.4倍に
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に