Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

年1回の定期診断と月1回の簡易診断を提供するサイトの脆弱性診断サービス - 大塚商会

大塚商会は、ウェブアプリケーションの脆弱性を診断する「FMS Web脆弱性診断サービス」を、10月13日より提供開始する。

同サービスは、同社のファイアウォールマネージメントサービス(FMS)サービスの加入者を対象に、ウェブアプリケーションの脆弱性がないか同社の専門エンジニアが診断するもの。

年1回の定期診断と月1回の簡易診断が行われ、定期診断の結果は、検出された脆弱性とその対応方法を記載した診断結果報告書として提供。また簡易診断では、前月の診断結果との差分をメールで報告する。

診断項目数に応じて3タイプを用意。「エコノミー」はこれらを含む4項目の診断を行い、「スタンダード」は6項目、「プレミアム」は22項目の診断が提供される。いずれもクロスサイトスクリプティング検査とSQLインジェクション検査は含まれる。

価格は、1URLあたりの基本診断作業がエコノミーで月額6825円。スタンダードが月額1万2600円。プレミアムが2万1000円。また、報告書に基づいてコンサルタントが内容説明と質疑応答を行う報告会オプションが、1回5万2500円。

(Security NEXT - 2009/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す