Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月はランサムウェアが増加、作者によるDr.Webへの嫌がらせも発生

ネットフォレストは、Doctor Webによる9月のスパムレポートを発表した。ランサムウェアである「Trojan.Encoder」の亜種が増加しているとして、注意を呼びかけている。

同レポートによれば、9月に同社がデータベースへ登録したマルウェアは2万6362件。今回のレポートでは、「Trojan.Encoder」亜種の急増が伝えられている。

問題のウイルスは、ユーザーのファイルを暗号化して人質に取り、金銭を要求するトロイの木馬。ロシア国内で被害者が増加しており、同社への問い合わせも増加している。9月の最終週には亜種3種が登場し、同社では復号ツールの提供を実施している。

一方で、最新の亜種ではファイルの拡張子が「.drweb」になっていたり、運営するウェブサイトで同社と関係があるように装うなど、同社に対する嫌がらせも発生しているという。

また「Trojan.Fakealert.5115」をはじめ、偽ウイルス対策ソフトによる攻撃も激化している。9月27日に同社サーバへの登録数が80万件を超えたとして、同社では被害に遭わないよう注意喚起を行った。

同社がまとめたウイルスの検出状況は以下のとおり。

メールサーバ上の検出ウイルスランキング

1位:Trojan.DownLoad.47256
2位:Trojan.Fakealert.5115
3位:Trojan.Packed.2915
4位:Trojan.DownLoad.5637
5位:Win32.HLLM.MyDoom.33808
6位:Win32.HLLM.Beagle
7位:Trojan.Packed.2788
8位:Win32.HLLM.Netsky.35328
9位:Win32.HLLM.Netsky.based
10位:Trojan.Botnetlog.11

ユーザーPC上の検出ウイルスランキング

1位:Trojan.DownLoad.47256
2位:Trojan.Fakealert.5115
3位:Win32.HLLW.Gavir.ini
4位:Win32.HLLW.Shadow.based
5位:Win32.Alman.1
6位:Win32.HLLM.Beagle
7位:JS.Nimda
8位:Trojan.DownLoad.5637
9位:DDoS.Kardraw
10位:Trojan.Recycle

(Security NEXT - 2009/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移