Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

流入者対策ステッカー交付請求書が所在不明、誤廃棄の可能性 - 大阪府

大阪府において、流入車対策の一環として同府が交付している適合車等標章、通称「ステッカー」の交付請求書の一部が、所在不明になっている。

紛失したのは、8月28日および31日に交通環境課の窓口に直接提出された請求書と、郵便および宅配便で同課に配達された請求書。

10月1日と2日、請求者からステッカーが交付されていないとの問い合わせがあり紛失が判明した。30件程度を紛失した可能性があるが、正確な件数はわかっていない。

大阪府では、紛失した請求書は不要書類とともに誤って廃棄された可能性が高く、記載された個人情報が外部へ流出したおそれは低いと説明。引き続き原因究明の調査を行う。

また同府では当面の対応として、請求者名が判明している分に関しては早急に交付手続きを行うとともに、請求者名が把握できていない郵送分に関しては、連絡を待って確認でき次第対応する。

(Security NEXT - 2009/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
クレカ情報含む帳票3000件を紛失 - NHK
キャンペーン応募用紙が箱ごと所在不明 - 静岡のスーパー
行政文書を誤廃棄、流出は否定 - 平塚市
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
調剤薬局で処方箋が所在不明に - マックスバリュ中部
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市